バンコク博覧会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スコータイツアー・2日目

スコータイツアー2日目はシーサッチャナーライと言うところに行きました。
これはスコータイの遺跡公園からたしか70km位離れた所にある遺跡で、
スコータイ王朝と姉妹王朝の関係にあったところのようです。

スコータイ59 スコータイ60 スコータイ61

スコータイ62 スコータイ63 スコータイ64

スコータイ65 スコータイ66 スコータイ67

スコータイ68 スコータイ69 スコータイ70

スコータイ71 スコータイ72 スコータイ73

スコータイ74 スコータイ75 スコータイ76


遺跡も満喫してバスはスコータイの空港に向かいました。
空港はこんな感じです。
スコータイ77 スコータイ78 スコータイ79

スコータイ80 スコータイ81 スコータイ82


そしてまたプロペラ機の乗ってスワンナプーム空港まで帰って来ました。
帰りの機内食はこれでした。
スコータイ83



さてスコータイツアーの記事はこれで終わりですが、翌日のニュースによると同じ日程で
スコータイに来ていた日本人女性が遺跡公園で殺害され、遺体で発見されたとのことです。
これを書いている時点では事件の真相は明らかになっていませんが、被害者のご冥福を
祈るとともに今後このような事件が起きないことを切に望みます。
タイだから起きた事件ではなく、たまたま起きたのがタイだったのだと思います。
無事に帰るまでが旅行です。みなさんも充分に用心された上で旅行を楽しみましょう。


参考になったと思ったらランキングをポチっと

スポンサーサイト

スコータイツアー・1日目 その2

つづきです。

夜になっていよいよメインイベントである遺跡公園でのショーを見に行きました。
遺跡も借景としてかなり大きな舞台ですし、夜なのでカメラを高感度モードに
しましたが、なかなかコンパクトカメラでは限界がありました。

それではショーの始まり始まり。
スコータイ27 スコータイ28 スコータイ29

ショーの内容はスコータイ王朝の発足からアユタヤ王朝に吸収されるまでの様子です。
スコータイ30 スコータイ31 スコータイ32

そしてこの光はコムロイと言って大きめの紙の袋を気球のようにして、下に火をつけて
その熱で飛ばすものです。ロイクラトーンの時に特にタイ北部では灯篭を流すだけではなく
これを空に飛ばすようで、公園内のあちこちで飛ばされていました。
(そんな火のついたものを飛ばすなんて日本ではありえませんね)
スコータイ33 スコータイ34 スコータイ35

スコータイ36 スコータイ37 スコータイ38

スコータイ39 スコータイ40 スコータイ41

スコータイ42 スコータイ43 スコータイ44

スコータイ45 スコータイ46 スコータイ47


こうして約1時間のショーは終わり、次にクラトーンを流しに行きました。
公園内はもの凄い人人人・・・。まるで日本のお花見のようです。ビニールシート売りも
出ていて所狭しと並べられていました。
流す場所も人が一杯でなかなか流せませんでした。
クラトーンを流す時は中にお金の他に自分の爪や髪の毛を入れるのだそうです。
会場に行く途中で髪の毛は入れておいたのですが、お金を入れ忘れてしまいました。
でも去年1000バーツも入れたから生涯有効ってことで・・・
スコータイ48 スコータイ49 スコータイ50

スコータイ51 スコータイ52


そしてこの後はツアーの行程表には書かれていなかったのですが、自分達もコムロイ
上げることになりました!!
これがまた火をつける前にちゃんと膨らませておかないとなかなか飛んでいかずに
手元がすごく熱いんです。。。
スコータイ53 スコータイ54 スコータイ55

何に火をつけているかと言うと、バームクーヘンみたいに見えますが、ティッシュペーパー
をロウで固めたものなんだそうです。
あ、ティッシュペーパーって言ってたけど、いわゆるトイレットペーパーみたいな
ロールのやつを輪切りにしてるんですね、きっと。今気付きました。
スコータイ56 スコータイ57 スコータイ58


なかなか壮大なショーと幻想的な光のファンタジーな夜でした。
スコータイまでわざわざ来た甲斐があったかも。

ショーの中でコムロイが上がる様子を動画で撮ってみましたが、うまくアップできるかな?









ところで1人で行ったわけじゃないでしょ?とこれまた余計な詮索をする方は
参考になったと思ったらランキングをポチっと

スコータイツアー・1日目 その1

11月24日~25日の土日でタイの北部にあるスコータイと言うところに旅行に
行って来ました。
位置的にはチェンマイよりは少し南になります。
ここは現在のタイ王国の源となったスコータイ王朝があった所で多くの遺跡もあり
世界遺産い登録されています。

今回の旅行のメインは24日の夜に遺跡公園で行われるロイクラトーン祭りの
イベントを見ることです。
ロイクラトーンは去年のブログでも書いていますが、日本語で言えば灯篭流し
になります。
去年はチャオプラヤー川に見に行ったのですが、場所が悪かったのか今ひとつ
盛り上がりにかけたので、今年は発祥の地であるスコータイまで行こう!と決めたのです。
ちなみに去年は11月5日でしたが、今年は11月24日です。
これは陰暦の12月の満月の日に行われるので毎年変わるそうです。

先日のスリンツアーの時はドンムアン空港からの出発でしたが、スコータイツアーは
スワンナプーム空港からの出発です。
利用するのはPG(バンコクエアウェイズ)です。
久々にプロペラ機に乗りました。そして恒例の機内食(笑)
スコータイ1 スコータイ2 スコータイ3

飛行時間は約55分ですので、これまた食べるのが忙しいわけです。
なんでもスコータイはバンコクエアウェイズ用の空港とタイ航空用の空港が別に
あるとか。実にのどかな空港でした。

スコータイと言えば遺跡ですから、まずは遺跡観光に向かいます。
このブログを見ると私も結構遺跡好きに見えるかもしれませんが、「すごいなぁ~」
と思って見るのですが、全然名前とか覚えられないんですよね。
でもまあ漠然と見るだけでも日常のことは忘れて心が浄化されるような気がする
ので、それはそれでOKかと。
スコータイ4 スコータイ5 スコータイ6

こうしていくつかの遺跡を見て周るのですが(遺跡公園になっていて1.6km×1.8kmの広さ
の中に多くの遺跡があるんです)、屋根の特徴が違う3つの遺跡を載せてみました。
左がクメール(カンボジア)式のとうもろこしのような形。
真ん中がスリランカ式の鐘のような形。
右がスコータイ式で掌を合わせて少しふくらませたような形。
タイの仏教はイスラム教やヒンズー教等の影響も受けながら発展していったのだそうです。

スコータイ7 スコータイ8 スコータイ9

スコータイ10 スコータイ11 スコータイ12

スコータイ13 スコータイ14 スコータイ15

そして夜にショーが行われる会場はこんなところでした。
スコータイ16 スコータイ17

この後はラムカムヘン博物館を見学(ここは撮影不可)し、昼食を取ってさらに別の遺跡に
行きます。
スコータイ18 スコータイ19 スコータイ20

スコータイ21 スコータイ22 スコータイ23

スコータイ24 スコータイ25 スコータイ26

こうして昼間の観光を終え、ホテルにチェックインして夕食をすませ、再び夜の遺跡公園に
移動してショーとクラトーン流しを楽しむのです。

~ 1日目 その2につづく

あれ?タイには仕事しに行ったんじゃなかったっけ?なんて余計なお世話な人は
参考になったと思ったらランキングをポチっと


SEO対策 : タイ SEO対策 : バンコク SEO対策 : タイ語 SEO対策 : マッサージ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。