バンコク博覧会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SQ運休!?

旅行会社から衝撃的なメールがありました。
SQが運休のためご利用できなくなりました、みたいな内容でした。

私の場合は去年、本帰国する際にバンコク発券のバンコク-成田-バンコクの
往復航空券で買っています。
つまり帰国は往路で、その後遊びに行くときに復路で行って、また新たな往復を買って
往路で帰ってくる、と言うパターンです。

なぜこうしているかと言うと、バンコク発券は繁忙期と閑散期の差がほとんどなくて
1年中ほぼ同じ値段なのと、1年オープンなのでそれなりの価格はするのですが
予約の変更がしやすい点、そして日系航空会社じゃなければ支払いが結構ギリギリまで
待てる、などが便利だったからです。
そしてその中でもSQ(シンガポール航空)は結構安くてサービスも良かったので、
これからもSQを利用しようと思っていたのですが・・・

前回、GWに遊びに行った時もこのシステムでしたので、往路で帰ってきています。
往復で買ったチケットの行きだけを使って帰りが未使用の状態です。
次回は9月の連休に行くつもりにしていました。
そしてまたその時に帰ってくるためのやつも既に予約していたのですが、その予約が
なくなってしまったわけです。

実はバンコクから帰ってくる方は予備としてTG(タイ国際航空)も予約してあるので
大丈夫なんですが、問題は片道だけ使用済みの行きの分です。
どうなりますかねぇ・・・。
とりあえず旅行会社にどんな選択肢があるのか問い合わせていますが・・・

そんな先の予約までもうしてるの?と驚いちゃった方は
参考になったと思ったらランキングをポチっと

スポンサーサイト

引越しの朝

今日はアパートの退去日です。

まずは午前中にアパート側から備品等のチェックに来ます。
そして午後は引越し業者。
それが済んだらホテルに移ります。

一応、スーツケースに入れて自分で持ち帰る分は整理しましたし、引越し業者にお願いする
お土産などもまとめてあるのですが、そこここにある小物の整理ができません。
誰か魔法をかけて下さい。


捨てちゃえばぁ~、と気楽に言っちゃう方は
参考になったと思ったらランキングをポチっと

引越し見積り

引越し業者が荷物の下見に来ました。
まだ1ヶ月あるので本当の荷物がどの位になるのか、自分でも想像がつかないのですが、
それでもある程度のお土産も買いましたから、そんなにはここから変わらないのかな?
それにしても1ヶ月前に下見に来るなんて、ピンと来ませんね。

ざっと見積もってもらって、私の場合、大物がないので本やCD、衣類が中心になります。
本当に早めに必要なものだけ1箱位を航空便で送って、残りを船便かな?と思って
いましたが、航空便と船便に分けると通関も2回行わないといけないから、その分の
料金がかかってくるとのこと。
だからどちらかにまとめちゃった方が安い、と言うのと、この位の量なら航空便でも
船便でも料金の差がそんなに大きくないと言うことで航空便にしました。
それなら帰国して帰任休暇を取っている間に受取れそうなので、それもありがたいです。

ちなみに航空便の場合は重さと容積の両方が料金にかかってくるそうですが、
船便は重さは関係なく容積だけだとか。
なので今後、軽くてもかさばる物や小さくても重い物が増えたりするようなら連絡を下さい
と言われました。

とにかく、ちょっとだけ実感がわいてきました。

あ、そうそう、注意事項で言われたことを1つ。お役立ちブログとして・・・(笑)
日本への持込みが規制されている品の中に薬や化粧品も含まれるのですが、
薬は救急箱1箱程度なら大丈夫とのこと。
問題は化粧品です。まぁ私は化粧品なんてほとんど関係ないのですが、石鹸も
化粧品に含まれるんだそうです。
そしてこの規制は1品目24個以内ならOK。それ以上は没収だそうです。
固形石鹸、液体石鹸、お土産なんかによくあるカービングの石鹸も同一品目として
カウントされるとのこと。
マンゴスチン石鹸をこれからちょっと買おうと思っていたので考え直さないと
いけません。


ここでもマンゴスチン?ともう飽きちゃった方は
参考になったと思ったらランキングをポチっと

帰国処分品

もともとが2年間の予定でしたので、あまり荷物は増やさないようにしていましたが、
それでも若干購入した物で日本に持ち帰らないで処分する物があります。
捨てるには惜しいので、いくつかのリサイクルの方法を検討しているのですが、
まずはバンコク在住でこのブログの読者の方に先行してお知らせしたいと思います。
興味のある方はご連絡下さい。


まずは電子レンジ。まあまあ綺麗です。
2007年2月に2490バーツで購入。希望価格1000バーツ。
電子レンジ1 電子レンジ2 電子レンジ3


次にトースター。これは随分使いました。
焼き目はこの写真はちょっと強めに焼いた物で、実際にはもっと薄いです。
難点は6枚切りは入らず、10枚切りだとうまく焼けず・・・ほぼ8枚切り専用です(^^;
2006年8月に600バーツで購入。希望価格100バーツ。
トースター1 トースター2


最後にCDプレイヤー。ラジオもついてますがラジオは使ったことありません。
2007年11月に990バーツで購入。希望価格400バーツ。
CDプレイヤー


以上です。今月一杯位はこちらでお待ちして引取り手がいらっしゃらないようであれば
別の方法に切り替えます。
概ね、6月の中旬位に取りに来て頂ける方にお譲りしたいと思います。
日時についてはご相談させて下さい。(あ、場合によっては価格も交渉の余地ありです・笑)

興味のある方はコメント欄で管理者にだけ表示を許可するにチェックを入れて
メールアドレスもご記入の上、コメント投稿して下さい。
折り返しメールにてご連絡させていただきます。
もちろん、これまでコメントをしたことがない方でも上記の条件に当てはまれば結構です。


帰任って本当だったんですね、と今まで信じていなかった方は
参考になったと思ったらランキングをポチっと

帰任が決まりました

2006年7月からバンコクに2年の予定で赴任しましたが、この度予定通りに
6月末までの勤務をもって帰任することが決まりました。

駐在としては2年間と言うのは短い方だと思いますが、密度の濃い2年間だったと思います。
ずいぶん前に一度旅行でタイに来て、暑さにやられ、パクチーも苦手、お腹も壊して
もう二度とタイになんか来るものか、と思っていたのに赴任の命令。
かなり不安の方が大きかったのですが、やはりどこでも住めば都ですね。
相変わらず汗っかきですけど、それでも暑さにも慣れたし、パクチーも今では好物。
お腹はたまーに壊すけど、良い経験ができたと思います。

まだ後1ヶ月少々ありますし、6月も仕事はそれなりに忙しそうですが、住んでいるから
こそできることとかを一杯やっておきたいですね。
週末は帰国の荷物を意識しながら、処分するものを少しずつ捨てています。
もともとそんなに持って来ている物も多くないので、たいした荷物にはならないですが、
やはりそれでも多少はこちらで買った物や、お土産類もありますから手荷物だけでは
運べないので業者を頼む予定です。
業者に連絡をしたら引越しの1ヶ月前には見積もりのための下見に来るそうです。
まだお土産とか揃ってないですけどねぇ~。
ま、その辺は業者は経験豊富でしょうからおまかせですね。

あ、お土産、こんなのが良いよと言うアドバイスがありましたら教えて下さ~い。


帰国しちゃったらこのブログはどうなるの?とそっちが心配なマニアな方は
参考になったと思ったらランキングをポチっと


SEO対策 : タイ SEO対策 : バンコク SEO対策 : タイ語 SEO対策 : マッサージ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。