バンコク博覧会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

角質取り

毎週末のようにマッサージに行っています。
日本では行ったことないのに・・・。安いからと言う理由もあるのですが、
日本にいる時以上に、歩き回らずに机に座ったままの時間が長いせいか
肩が凝るんです。

それでだいたい古式マッサージを2時間と、足の角質取りをやってもらいます。
この角質ってのがまたやっかいで、毎週のように取っているにもかかわらず
毎回すごいたくさん取れます。担当者も苦笑いです(^^;
まあ相手もそれが商売ですから良いのですが、何だか毎週では悪い気がして
今日は自分で風呂場でできるように削るやすりのようなやつを買ってきました。
日本でも100均とかに売ってますよね。
私も日本の自宅には持っているのですが、こっちには持ってきていないので
大小2つ買ってみました。それぞれ39バーツ。

しかし風呂は洗い場がないので、バスタブの淵に座ってゴシゴシです。
これって真剣にやるとかなり疲れますねぇ。他人の足をやるのと自分の足を
やるのでは体勢も違うので、力の入れやすさとかも違うでしょうが
いやいや疲れます。
マッサージ屋でやってもらう半分位の時間でギブアップ(^^;
やっぱり人にやってもらうのが楽ですな。マッサージ屋ではこれが
100~150バーツ位でできるので、普段は自分で簡単にやっておいて
月に1回位はちゃんとやってもらうようにしようかな。


ツルツルの足がご自慢の方は
参考になったと思ったらランキングをポチっと

スポンサーサイト

ビアガーデンの季節

昨日は仕事がいつもよりは遅くなったんだけど、金曜日と言うこともあり
一緒に仕事をしているタイ人のスタッフとISETANの前にできたビアガーデン
に行きました。
もの凄い賑わいです。
今はバンコクではビアガーデンの季節。まだ行ってませんが、他の場所にも
できているようです。
一緒に行ったタイ人にいつまでやってるのか聞いたら1月10日まで、
とのこと。(でもこの人の言うことは時々アテにならないんだけど)
なぜ今がビアガーデンの季節かと言えば、雨期が明けて乾期に入ったので
外でも雨に降られる心配がまずないこと。
そして何よりも1番の理由は1年で一番涼しい時期であること、です。
これは日本人にはない発想ですねぇ。たしかに暑い時期は外でなんて
飲んでいられない!!

って感じで、ISETANの前にはハイネケン、タイガー、シンハー、チャンの
4つのビアガーデンのブースができていました。
どこも満席だったのですが、チャンがちょうど席を増設しているところだった
ので、ちゃっかりそこに収まりました^^
ビアガーデン1
こんな感じでビアタワーを注文して、
ビアガーデン2
こんな感じで料理を食べました。
このタワーもグラスやピッチャーで頼むよりは割安なんだけど、中に冷やすための
氷の筒も入っているので、結構飲めちゃう量です。
たしかこれで1本380バーツ(約1140円)。
運んでくるのはもちろんビアガールです。みなさんなかなかスタイルよし!
それぞれのブースではライブ演奏もやってたりします。
ビアガーデン3
タイ人ってノリノリが好きなんですねぇ。

今度は金曜日を避けて、他のブースも行ってみようと思います。


暖かい所でビール飲みた~い、って人は
参考になったと思ったらランキングをポチっと

ローイ・クラトーン

5日はローイ・クラトーン(灯篭流し)のお祭りでした。
いろんなところで川や池に灯篭を流します。
基本はバナナの皮とかで作るようですが、環境に配慮して魚が食べて
くれるようにパンで作ったりもするようです。
私の住んでるアパートのプールでも住人用にスタッフ手作りの舟を
流したようですが、せっかくなのでチャオプラヤー川に見に行きました。
まずは夕陽が沈む前のチャオプラヤー川。
チャオプラヤー


川沿いのホテルのレストランでのディナーは日本円で13000円位。
かなり高額です。
私は会社のタイ人と一緒に行ったのですが、予約は取れなかったので
予約なしで行けるレストランへ。
行く途中でクラトーン(灯篭、舟)のビューティーコンテストをやってました。
クラトーン1


レストランに着いてみると、こちらは700バーツ。川はすぐそばでこれなら
ホテル行くより安くて良いじゃないですかねぇ。
でもクラトーンはもっと川の上流から流し始めるので、この辺に来るまで
30分はかかるとか。
ところがそんな時間になってもほとんど流れて来ません。
良くみると川の向こう岸にポツ~ンと数えるほど。。。
ホテルの送迎やクルーズの船が行き交うのと、水流自体がそれほど速くないので
あまり流れてこないみたいです。
そんなこんなでこのレストランからも流す時間になりました。
私はクラトーンを買ってなかったのですが、人が流したやつを撮影。
でも一斉にたくさん流すならまだしも、1つずつ順番にやっているので
光量が足りなくてストロボなしでは無理でした。
ストロボをたくと雰囲気が出ないんですよねぇ(^^;
クラトーン2


帰りにホテルのロビーの中の水場に浮かんでたやつも撮ってみました。
こっちの方がキレイよね(笑)
これならアパートのプールの方が撮影には向いたかも。
ホテルで


その後は行きつけの居酒屋がこの日は絶対に来いと言うので、10時頃行きました。
なんと店の前にお子ちゃまが遊ぶミニプールを出してあって、そこにも
舟が浮かんでいるではありませんか。
そう言えば舟にはお金を入れたりして流すそうで、川ではそれを目当てにした
子供たちが泳いでいましたっけ。それでもせいぜい20バーツ位だそうですが、
居酒屋のところの舟にはなんと500バーツとかが入っています。
これ、誰かに持って行かれないの???とか心配しつつ、中に入って飲みました。
店員の女の子たちもこの日は民族衣装をまとってキレイでしたねぇ。
写真を載せたいところだけど、他のお客さんも写っているので自粛(笑)

程よく酔ったところで女の子の1人が、「まさらっきょさん(とは言わないが)
一緒に舟流そう」と誘ってきました。
ローイ・クラトーンはバレンタインと並ぶ愛の告白の日でもあるんですって。
まあお店の子はそれも営業ですから誘われるがままに外に出て舟をプールに
浮かべました。
そしたら「ここに500バーツ入れて」って・・・。なるほどあの500バーツは
こう言うことだったのか、と妙に納得して、断るのも大人気ないので財布を
取り出してみるとなんと500バーツ札がありません。
100バーツ5枚もありません。仕方なく1000バーツ札を取り出したら
「まさらっきょさん(だからこうは呼びませんって)、これでいいよね」
って満面の笑みで言われます。
まあお祭りだからね、今日だけ特別だよ!ってことで了解。
なんとも押しに弱い私なのでした。。。

そうそう、大阪扇町公園で12日、東京お台場潮風公園で25・26日に
舟を流すそうですよ。興味のある方は行かれてみてはいかが?


いくらなんでも1000バーツは・・・って方は
参考になったと思ったらランキングをポチっと

プーケットビール

さっき2度目の床屋に行ってきました。
スタンプカードを渡したら、ちゃんとそれがデータベースになっていて
前回どのような髪型にしたかわかるようになってました。
「前回と同じで良いですか?」と聞かれ、いたって簡単。
しかし極端に短くするわけではないのに、バリカンを使って毛先を
刈るのは鳥肌が立ちます(笑) ゾクゾク・・・ある意味快感??

その後は近くの大戸屋で昼食。(大戸屋はたくさんあるんです)
そして歩きながら帰って来る途中にあるスーパーでちょっと買い物。
ビールが少なくなっていたので、いつものシンハーを買うついでに
隣にあったプーケットビールなるものも買ってみました。
プーケットビール
さてさて、どんなお味でしょう。
冷蔵庫に入れたので夜になるのが楽しみです。


ん?今日は飲みに行かないの?って方は
参考になったと思ったらランキングをポチっと

病院に行きました

ワークパーミット用の健康診断以外で初めて病院に行きました。

と言っても、ものもらいなんですが・・・
昨日の朝起きたあたりから左目に違和感があり、昨日の夜はかなり
腫れていました。
それでとりあえず今日、病院の眼科で見てもらうことにしました。

家からならサミティベート病院と言うところが歩いて5分足らずで行けます。
ここも外から見た感じではかなり豪華そうな病院です。
ちなみにタイでは日本語が通じる病院がいくつもあり、それぞれ豪華な
作りになっています。もちろん高いです。
入院なんてしようものなら、そんじょそこらのホテルより立派な部屋
なんだそうです。

私が行ったのは、健康診断の時に診察券を作った関係もありラマ9世病院。
ここも大きな病院ですが、豪華さはちょっと劣るかな???
って、他は中に入ったことがないのでわかりませんが。

まず受付でタイ語で「日本語で大丈夫ですか?」と聞いたところ、日本人
スタッフが出てきてくれました。
症状を伝えて診察券を渡すとまず聞かれるのが支払いのこと。
タイでは急患でも支払いの心配を先にするんだそうです。お金を持っているか
もしくは保険に入っているか。
「保険を使いますか?」と聞かれて「はい、お願いします」って感じ。

その後、8階の眼科に案内され、眼科なのにまずは体重と血圧を測ります。
それから診察室に入ると今度は視力検査。ものもらいに関係あるの???
そしてしばらくしてノリの良い医師の登場(笑)
楽しそうに「あ~、ものもらいだねぇ」みたいなことをタイ語で言われました。
もちろん通訳付きです。受付から案内してきてくれた人も通訳のように
ついていてくれるので、実質通訳2人。贅沢ですねぇ。
目薬と飲み薬を処方してもらい、最後に医師から「タイにはどれくらいいるの?」
と聞かれたので、そこだけ自力でタイ語で「3ヶ月半です」と答えたら、
「お~、上手上手」みたいに言われました。う~、子ども扱いじゃ(^^;

医師にお礼を言って下に降りて保険の手続きをします。名前とか住所とか
何箇所も書くので結構面倒ですなぁ。
そして薬を受け取って、いつ飲むのかなどの説明を受けました。
その間訳30分、簡単なものです。

ちなみに薬はこんな袋に入れてくれます。まるでジュエリーでも買ったみたい?
薬



今度は入院もチャレンジしてみて~、って方は
参考になったと思ったらランキングをポチっと


SEO対策 : タイ SEO対策 : バンコク SEO対策 : タイ語 SEO対策 : マッサージ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。