バンコク博覧会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソンブーン・シーフード

ガイドブック等でもお馴染みのソンブーン・シーフードにとある日のランチに行きました。
場所は地下鉄のサムヤーン駅を降りた目の前。
なんとかスクェア(名前は失念)と言う新しいビルの1階に入っています。

注文は一緒に行ったタイ人におまかせ。
でもソンブーンに来たらやはりプーパッポンカリーはかかせませんよね。

ソンブーン1 ソンブーン2 ソンブーン3

ソンブーン4 ソンブーン5 ソンブーン6

プーパッポンカリー、おいしいんだけどやっぱり面倒ですよね。
殻なしのヌアプーパッポンカリーの方が楽チン(笑)

もっとおいしい店を知ってるよ!!と教えてくださる方は
参考になったと思ったらランキングをポチっと

スポンサーサイト

タイ人からのe-mail

先日の訪タイの時に駐在していた会社の人と食事をしました。
その時に「部の人達に」と言って成田で買ったお土産を託したのですが、
アドミンスタッフからお礼のメールが来ました。
これがいかにもタイ人らしい英文メール。随所にタイ語調が入っています。
と言っても伝わらないかもしれないので転載します。
一応個人名は伏せますが、文中の M san は私、I san は同僚の日本人、
そして B と言うのがメールの差出人の女性です。

-----

Dear M san,

こんにちわ kaa, How r you? I heard from I san that you come to travel Thailand ,
sa nook mai? How many place you go? Hope you enjoy na ka.
Oh by the way…thank you for yummy “Mochi” na ka, a roi mak mak ka(^.^)6

After you back to Japan , Thailand has the crisis political problems.
As you may know from news (^_^;), a thousand (or more)protesters need to dispel
Government so Government proclaims the curfew in BKK for a month.
Now, we got the new prime minister but the ridiculous is protesters still occupy the house of parliament. (¬_¬)
We went back to normal situation na ka. Thailand still has many tourist attractions, waiting for foreigners to visit kaa.

How’s Japan ka? You got the new Prime Minister too, right?
How about your job? I think it might be better than working far from home country chai mai ka?
I try to study Japanese language by myself (2 months already) only greeting sentence I can say (haha)
(You should tell me that Japanese language is very difficult na ka (^_^;) )

Hope you fine na ka M san and hope to see you again na ka.

さよなら kaaa

Best Regards, (^_~) / (^_-)
B

-----

いかがですか? もちろんこのまま翻訳ソフトを通しても正しく訳してはくれません(笑)


na ka ってどう言う意味よ!!と知りたくなっちゃった方は
参考になったと思ったらランキングをポチっと


また別のマンゴスチンジュース

駐在中に3種類のマンゴスチンジュースを紹介しました。

1つ目 : http://masabkk.blog72.fc2.com/blog-entry-258.html
2つ目 : http://masabkk.blog72.fc2.com/blog-entry-326.html
3つ目 : http://masabkk.blog72.fc2.com/blog-entry-343.html

本帰国の際にも自分へのお土産として1つ目のやつを7本、3つ目のやつを1箱
買って帰りました。
もったいないので少しずつしか飲んでいなかったため、まだ家には在庫が1つ目のが
5本あるのですが、今回も買って帰ることにしました。

そこで全部買えるトンローのTOPSへ行って、1つ目を2本、2つ目を1本、3つ目を2箱
買って来ました。
本当はもっと買いたかったのですが、液体なため機内持ち込みの荷物にはできず、
また預け荷物にしてもこれ以上になると重量オーバーで高い追加料金を払わないと
いけなくなるかもしれないのでやめておきました。

まぁ、とりあえず補充できたので良かった、良かった、と思ったのですが、それから
数日して別の買い物がしたくてフジスーパーに行きました。
そしたら何とこの3つとは違うマンゴスチンジュースが置いてあるではありませんか!!
新新マンゴスチンジュース1 新新マンゴスチンジュース2

と言うわけでこれも2本買っちゃいました。。。
大きさは3種類あって、80mlで80バーツ、300mlで270バーツ、320mlで295バーツでした。
もちろん一番割安な300mlを購入。

まだ飲んでいないのですが、雰囲気的には1つ目のやつに似ている感じです。
しかし成分としては、1つ目のやつはマンゴスチンの他にパッションフルーツ、いちご、
ぶどう、スターフルーツ等が入っていましたが、こちらはマンゴスチンが86%で、
他にはパッションフルーツが8%、蜂蜜が6%となっています。
一番純粋なマンゴスチンジュースに近いかもしれません。

フジスーパー1号店の左奥の方にたくさんありましたので、在タイの方はお試しあれ。

って、日本の家にそんなにマンゴスチンジュースがあってどうするの?と不思議な方は
参考になったと思ったらランキングをポチっと

カリプソ・キャバレー

駐在中は一度も行くことのなかったニューハーフショー。
はっきり言っておかまにはまったく興味がないのですが、これまでも老若男女さまざまな人
が「楽しかった」と言うのを聞いていたので一度行ってみよう、となりました。

直接現地に行くより観光ツアーなどを扱う旅行会社を通した方が安いのでアソークの
タイムズスクェアの中にあるHISへ。
メジャーなところとしては「マンボ」と「カリプソ」があるのですが、知り合いと相談の結果
カリプソに行くことにしました。
料金は正規料金だと1200バーツのところ、HISを通すと600バーツに。

1日2回公演の早い方の会を見に行きました。(20:15~)
場所はBTSのラチャテウィ駅に直結したアジアホテルの地下にあります。
さほど広くない客席は椅子の間隔もせまく、欧米人などは窮屈そうでした。
カリプソ1 カリプソ2

ショーが始まってどんどんニューハーフ達が出てきます。
が、ショー全体を通したコンセプトみたいなものはあまり感じられませんでした。
なんとなくブロードウェイ風なところもあり、日本人・中国人・韓国人を意識したような選曲もあり。
どこに山場を持ってきたいのかも今ひとつ不明。
ニューハーフ達の質は?と言うと、たしかに中には数人「本当に女性じゃないの???」と
思うような人もいますが、全体的にはいかにもおかまな人たちが多かったように思います。
まぁ、でもその辺は感じ方は人それぞれかもしれませんね。
あまり綺麗に撮れているのはないのですが、いくつか載せてみましょう。

カリプソ3 カリプソ4 カリプソ5

カリプソ6 カリプソ7 カリプソ8

カリプソ9 カリプソ10 カリプソ11

ところどころ笑わせてくれるのもあるのですが、私的には是非また行きたい!とまでは
思いませんでした。
ショーが終わると出口のところに勢ぞろいしていて記念撮影を一緒にできたりします。
私はやりませんでしたが、マンボの方はここで結構チップを要求されるようですが、ここは
見ている限りではそんな素振りもなく、みんな気軽に記念撮影に応じていました。

翌日、私は駐在時代の職場の仲間と会う約束があったので行きませんでしたが、今回一緒に
行っていた知り合いはマンボの方にも行ってみたようです。
マンボの方はもっと縦長の客席で前方のVIP席が通常800バーツのところ、HIS経由で340バーツ。
ショー自体もカリプソよりもう少しくだけた感じで笑いも多かったそうです。
松田聖子似のおかまがいるのもここで、知り合いとしては両方を比べるとマンボの方が
楽しかったらしいです。

タイには何度か行ってるけど、ニューハーフショーは行ったことがないと言う方は
一度行かれてみても良いのではないでしょうか。

自分もそのステージに立ってみたい!と大胆なことを言っちゃう方は
参考になったと思ったらランキングをポチっと

夏休み

実は夏休みを利用して13日(土)よりバンコクを再訪していました。
目的はいくつかありますが、
 ・文字通り夏休みなので、のんびりとリフレッシュ
 ・駐在時代の知り合いとの再開
が主だったところでしょうか。
まぁ、その辺もおいおい書くとして、まずはフルーツクルーズに参加したので
それを書いてみようと思います。

駐在時代との大きな違いとしては、平日の夜遅くまで飲み歩いていても翌日の仕事が
ないことです。
でも毎日マッサージや買い物ばかりも行ってられないので、何か軽い観光のような
ものでもないかな、といくつかの現地旅行会社の定期観光を探してみたのですが、
パンダバスさんのフルーツクルーズが14:30~16:30と短時間だし、朝早く起きる必要も
ないので楽そうだと思って参加しました。
これはチャオプラヤー川を船でのぼり、途中から運河に入って地元の暮らしを眺めながら
数種類の果物が食べ放題となるツアーです。1人550バーツ。

このツアーはリバーシティで集合/解散となるため自力で集合場所まで行かないと
いけません。
たしかBTSの終点のサパーンタクシン駅の船着場からリバーシティに行ける船が
出ていたなぁ、と思って船着場まで行きました。
でも2年前にタイ人に連れられて乗ったことがあるだけで、どの船に乗ればリバーシティに
行けるのかもよくわかりません。
とりあえずチケット売り場で聞いてみると、ここがそうだとのことで22バーツのチケット
を購入。2年前はただで乗った気がするのですが・・・

で、来た船に乗りましたがどうやら水上バスみたいな感じでいくつかの船着場を
回っていくタイプのようです。
リバーシティがどこで降りれば良いのかもわからず乗っていたのですが、どうやら最初の
船着場からリバーシティが見えるし、どうやら案内でもリバーシティはここで降りろ、みたいな
ことを言っているようにも感じます。
「あ、ここで降りれば良いんだな」と思って船が止まるのを待っていたのですが、
どうやら降りたい人は降り口付近まで行っていないといけないようで、ピタっと静止する
間もなく、乗船する人だけを乗せたらまた走り出してしまいました。

結局1つ先の船着場まで行ってしまい、仕方なくそこからタクシーでリバーシティに
向かうことに(笑)
その後、クルーズの出発まで少し待っていざ出発。
まずはこんな船に乗ります。
フルーツクルーズ1

そしてまずはチャオプラヤー川をのぼります。
もちろん見えるのはワットアルンやワットプラケオなどなど。
フルーツクルーズ2 フルーツクルーズ3

そして運河(トンブリー側)に入って地元の人たちの暮らしぶりを見ます。
フルーツクルーズ4 フルーツクルーズ5 フルーツクルーズ6

途中でナマズの餌付けポイントがあって、オプションで餌となるパン(2斤位?)を20バーツで
買って与えることができます。
我先にとうようよ寄って来ます。


そしてしばらく行って、今度はこちらの船に乗り換えます。
フルーツクルーズ7

こちらの船では数種類のフルーツが食べ放題となるものです。
案内のお姉さんはこちらの方。
フルーツクルーズ8

今回出てきたフルーツはこちら。きっと時期によって違うのでしょうね。
雨期の始まりの頃が良いんじゃないかなぁ、と個人的には思いました。
フルーツクルーズ9 これはただの飾り

フルーツクルーズ10 キェンターロー(メロン)

フルーツクルーズ11 チョンプー

フルーツクルーズ12 テンモー(スイカ)

フルーツクルーズ13 これは何でしょう?大きさはみかん程度だけどグレープフルーツっぽい

フルーツクルーズ14 ソムオー(ザボン)

フルーツクルーズ15 マラコー(パパイヤ)

フルーツクルーズ16 ファラン(グァバ)

フルーツクルーズ17 ラカーン

フルーツクルーズ18 クルワイ(バナナ)

フルーツクルーズ19 これは名前がわかりません

フルーツクルーズ20 ゲオマンコン(ドラゴンフルーツ)

フルーツクルーズ21 ンゴ(ランブータン)

フルーツクルーズ22 なぜかピーナッツ煎餅(かなり人気)

どれがお好きですか?


お気に入りのマンゴスチンがなくて不満では?と思った方は
参考になったと思ったらランキングをポチっと

大和庵

大和庵

突然脈略もなくご紹介するのはスクンビット41にある大和庵さんのラーメンです。
41を入ってすぐに右に曲がった、餃子で有名な東来順さんの隣にできたお店です。
この道は41からは車では右折ができないので、車の場合は43側から入ってくる必要があります。

基本的には居酒屋なんですが、居酒屋のラーメンにしてはわりとしっかりしています。
そして最近とんこつ、とんこつ醤油が乱立しているプロンポン、トンローエリアにあって
珍しくあっさり系のラーメンです。
いくつかのメニューがありますが、写真のはシンプルにRAMENです。
居酒屋なので小ぶりな「〆のラーメン」と言うのもあります。

麺の種類も細麺、中太麺、太麺とあり、スープの種類によってこの中の2種類位から
選べるようです。(ちなみにRAMENは細麺と中太麺から選べます)
硬めにも応じてくれます。

こってりラーメンに飽きた方はお試しあれ。
店自体はあまり流行ってないような気がするので、早く行かないとなくなっちゃうかも?(笑)


何気にまだネタを隠し持ってますねぇ、と感動した方は
参考になったと思ったらランキングをポチっと

円高進行中

対バーツについても円高バーツ安が進んでいるみたいです。
為替とかは詳しくないですが、1つは非常事態宣言が解除されたとは言っても
タイの情勢不安が嫌われていること、そして何よりリーマンブラザーズの経営破綻
などもあり、急激にドル売りが進んでいることから、相対的に対バーツの円高も
進んでいるものと思います。

このブログでもバンコク銀行のレートを参考までに表示していますが、もっとレートの
良い両替商ではひょっとしたら1万円で3300バーツに達しているかもしれませんね。
たしか2006年に私が渡泰した時は3400バーツ位だったと思いますが、記憶の限りでは
去年の6月頃には円安が進んで2700バーツを切る位までいったと思います。

私の場合はいろいろな手当てを月々のレートで換算して会社とやり取りしていたので
結構為替変動は収入に影響がありました。
まぁ、そんな個人の話は別としても、これだけ変動があると仕事関係は大変でしょうね。
旅行者にとってはありがたい話かもしれませんが。


3333バーツまで来てくれると1バーツ=3円で計算しやすいですね、と喜んでいる方は
参考になったと思ったらランキングをポチっと

非常事態宣言解除

昨日、非常事態宣言が解除されたみたいですね。
さてこれで経済打撃もひとまず収まるのでしょうか。

先日首相を失職したサマックさんは再任を目指していたようですが、連立与党の
反対にあって再任は断念したようです。
そして与党第1党である市民の力党の党首も辞任したようで、とりあえずは
デモを起こしているPADの要望がかなった形ですが、このままで全てが終わるとは思えません。

今の連立与党が続いている限りはPADの活動は終わらないのではないかと思います。
それが長引けば、今まで静観していた市民もだんだんとイラついてきて、新たな暴動へと
発展してしまわないか、それがちょっと心配です。


まさらっきょさん、全然それは的外れですよ、と指摘してくださる方は
参考になったと思ったらランキングをポチっと

いっタイどうなる?

首相の退陣を求めてデモが起きているタイですが、その首相が料理番組に出演して
報酬を得ていたことが首相の兼業を禁止する法律に違反しているとして司法の
判決が下りました。

それに伴って首相は失職し、内閣は総辞職をしたようです。

結果的には首相は退陣したので、一時的にデモ隊の要求は満たされた形になりますが、
首相側は首相側でデモに屈して退陣したわけではなく、あくまでも兼業に関しての
司法判決が出たことによる失職と言うことで、なんともスッキリしない状況には
変わりありません。

その証拠に新たな首相の指名が早急に行われるわけですが、与党は同じ人を
再選出する予定とか。
そうなった時には市民はどう出るのか・・・
ちょっとわかりませんね。


珍しく時事ネタですね、と感心した方は
参考になったと思ったらランキングをポチっと

ランキング~

やはり帰国したらブログの更新ペースは落ちますね。
ま、それは元々想定されていたことですし、それに伴ってブログランキングも
下降の一途をたどることも予想通りです。

と言うかむしろ一時期頑張って思った以上に上位に来ていましたが、
ここに来て息切れしたようです。
でもせめて1ページ目(50位まで)には収まっていたいなぁ・・・・なんて。

ってこんな話題ばかりでも何なので(笑)
こちらのサイトでブログの内容を本にしてくれるようです。
FC2ブログも対応しているのでタイ滞在中の2年間を本にしてみようかなぁ、と
見本を作ったりしてみています。見本までなら無料なので。
写真が多いので2年間で1冊にはできないようですが、1年目と2年目の2分冊にして
作ってみようかな。

あ、もちろん自分の保存用です。
でもカラー印刷だと結構高いんですけどねぇ・・・


ランキング~ググッググググ~、と協力してくださる方は
参考になったと思ったらランキングをポチっと

タイ古式マッサージ

以前、帰国してからタイマッサージに行ってみた話を書きました。
なんちゃってマッサージの上に料金も高かったやつです。
そして地元の駅の近くにもっと安いところをみつけた、と書いた気がします。
日曜日にそこに行って来ました。

開店時間は11時と書いてあったので、12時過ぎ位に行ったのですが、
やっているんだかやっていないんだかわからないような状態で、客はだれも
おらず、店の人も1人だけでした。
ちなみにマンションの一室を店舗として利用しており、2LDKのリビングが
受付兼待合室で、2つある部屋がマッサージルームとなっており、
マッサージ用の布団が5組敷かれていました。

まずは受付でお茶を一杯いただいて、コースの説明を受けます。
「お客さんが好きなのは、古式30分と足マッサージ40分」と言われましたが
タイで毎週のように通っていたこの体が古式を30分やそこらで満足するわけが
ありません。
本当は2時間やるつもりで行ったのですが、やっぱり足もやろうかな、と言うことで
古式60分+足40分にしました。これで7000円。前の店よりはうんと安いけど、
それでもタイと比べたらメチャクチャ高いです。。。

最初にまず足を洗ってもらいますが、爪が少々伸びていたので、これでは
足マッサージがやりづらいとのことでカットしてくれました。
これは無料でやってもらったのでちょっとラッキー。でも若干深爪ですが・・・

で、いざマッサージ開始。またここもなんちゃってマッサージかな?とあまり
期待していませんでしたが、どうしてどうして、ちゃんとしたマッサージでした。
若干バンコクでは経験したことのない姿勢もありましたが、しっかり力強く
やってくれました。

10回行くと1回無料になるメンバーカードももらっちゃったのでまた行くかも?
でもやっぱり頻繁に行くには高いよなぁ・・・


だったらマッサージをしにタイに行っちゃえば?と簡単に言っちゃう方は
参考になったと思ったらランキングをポチっと


SEO対策 : タイ SEO対策 : バンコク SEO対策 : タイ語 SEO対策 : マッサージ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。