バンコク博覧会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンガポールからバンコクへ

タイの騒動も一応終結宣言が出てデモ隊は解散したようですが、まだ一部の暴徒が
活動をやめていません。
今後急速に復旧に向かっていってほしいと願いますが、引き続き情報収集は必要です。
燃えたり壊されたりした建物等は復旧できるかもしれませんが、その中で失われた
命は戻りません。
真の平和に向けて進んでいってほしいと思います。

さて、気を取り直してGW訪タイ時の話をアップしたいと思います。

予定外のシンガポール滞在を過ごした翌朝、6時頃チャンギ空港に着くようにホテルを
出発しました。
もうチェックイン自体は済まされているのでフライトの2時間前に行く必要もなく
ちょっと早く着きすぎてしまったかもしれません。
そこで空港内のフードコートのようなところでちょっと朝食を、と思って注文したのが
ワンタンメン。
ですがイメージしたものと違いました。
sin-bkk1

食事の後もしばらく椅子に座ったりしてのんびりしてから搭乗。
機材はたしかB777-300でエコノミー席は3-3-3となっていますが、ほとんどが
3人席に1人。誰もいない席もあるので搭乗率は20%程度かと思います。
朝早い便だからなのか、騒乱の中のバンコクに行く人が少ないのか・・・
ちょうど羽根の部分の席で、良い天気でした。
sin-bkk3

機内食はこんな感じでまさに朝食。
ちょっと卵の味がイマイチだったかなぁ・・・
sin-bkk2

約2時間のフライトでスワンナプーム空港に到着。
イミグレも空いていて、預け荷物もすぐに出てきて、タクシー乗り場もガラガラ。
ここだけとれば実に快適。

タクシーでホテルに向かいながら運転手と軽くタイ語で会話。
やはりお客さんが少なくなっていて商売あがったり、と言った様子。
経済活動がいろいろと崩れてしまっていますね。

そうこうしながらホテルに到着。
本当なら前日にチェックインしているはずが翌朝になってしまいましたが、
連絡を入れてあったので特に問題もなく部屋へ。
とは言ってもこの日の夕方にはチェンライに行くためにまた空港に向かうのですが・・・


機内食ばかり載せてますねぇ~、と気付いちゃった方は
参考になったと思ったらランキングをポチっと

スポンサーサイト

大使館からのお知らせ

在タイ日本大使館より以下のお知らせが出ています。(HPより一部改行を変更して転載)

-----

 日本政府は、現在のタイの情勢に踏まえまして、バンコク都の「危険情報」を現在のから
『渡航の是非を検討して下さい』から1レベル引き上げ『渡航の延期をお勧めします』
に変更することとしました。
 また、バンコク都以外の県でも非常事態宣言が発令されたことを受け、以下の21県に対し、
新たに『十分注意して下さい』の「危険情報」を発出することとしました。

【新たに「危険情報(十分注意して下さい)」の対象となった県】
  ノンタブリー県、サムットプラカーン県、パトゥムタニー県ナコンパトム県、アユタヤ県、
  チョンブリー県、チェンマイ県、チェンライ県、ランパーン県、ナコンサワン県、ナーン県、
  コンケン県、ウドンタニ県、チャイヤプーム県  ナコンラチャシーマー県、シーサケート県
  (プレアビヒア寺院周辺を除く)、ウボンラーチャータニー県、マーハーサーラカーム県、
  サコンナコーン県、ローイエット県、ノーンブアランプー県

-----

先ほどスカイプでタイ語レッスンをしてくれた先生も「今はタイは危険です」と言っていました。
(でも「来月は大丈夫だと思います」とも言っていましたが)

GWが終わって夏休みの時期前に観光で行く人は少ないかもしれませんが、今は遊びに
行く時ではないと思います。


早く平常に戻ってほしいですね、と心から思う方は
参考になったと思ったらランキングをポチっと

シンガポール滞在

今回は成田からシンガポールに向かう便での機内食は和食を選んでみました。
日本風のビーフカレーと茶そばです。カレーはもう少しコクがほしかったなぁ。
シンガポール行き1

そして予定外のシンガポール入国。イミグレもとっても空いています。
シンガポール行き2

シンガポール航空が用意してくれたホテルは、まぁ普通のホテルでしょう。
豪華ではないけど、特別に不満もないようなホテルです。
シンガポール行き3 シンガポール行き4

ホテルに入ったのは午後8時半頃。ちょっと一休みして9時を過ぎたあたりで食事に。
ホテル内のレストランで無料で食べることができます。
館内案内を見るとレストランは10時までのようなので行ってみましたが、ビュッフェスタイルの
それはあまり大したものがありませんでした。
せっかくなのでシンガポール名物のラクサ、そして何だか適当にちょっとずつ、それとマッシュルームスープ。
シンガポール行き5 シンガポール行き6 シンガポール行き7

シンガポール航空の説明では翌日の朝食もついているとのことでしたが、
レストランのオープンは朝6時。空港に6時10分までに行かないといけないので
結局食べられないじゃん!と思いつつも、この程度の料理ならまぁいいかな、と言う感じ。

食事の後はシンガポールに最近できたカジノをちょっと見に行って(カジノは撮影禁止
なので写真はありません)ルーレットをちょっとやって1万円位勝って
1時頃ホテルに戻って寝ました。


ん?全然タイと関係ない話では?と気が付いちゃった方は
参考になったと思ったらランキングをポチっと

GWの訪泰

GWを利用して訪泰してきました。

ご存知のように現在のタイでは反政府集団による集会やデモが行われており、
それに対して警察や軍隊も警備を強化しているような状態です。
反政府集団とその強制排除に動いた軍隊との衝突でロイターの日本人カメラマン
が命を落としたのも記憶に新しいところです。

そのような時ですので正直、行くのを迷いました。
一応、土地勘はあるので、どこが危なくてどこが危なくないのか。
また危なくない場所でもそこに行くまでに危ない場所を通らないか、などは
わかっているので(危なくない所も"それまでは大丈夫だった"程度でしか
ないのでしょうが)行くことにしました。
それでも観光目的で行く初めての方あるいはそれに近い方は、朝から晩まで
ガイドさんがつくならまだしも、自由行動の時間があるような場合では存分に
楽しむことができないと思うので、今は見送ることを強くお勧めします。

それでもずっとバンコクにいるのも危険なので、少々チェンライに行くことに
しました。
それも含めて、実に今回は飛行機の変更が多い旅行になりました。
もともと日本との往復はシンガポール経由便(乗り継ぎだけ)を予定していたので、

成田→(シンガポール)→バンコク→チェンライ→バンコク→(シンガポール)→成田

と言うルートのはずでした。シンガポールはどちらも乗り継ぎだけです。
それがいくつか飛行機が変更になって、具体的には以下のようなフライト
になりました。黒字は予定通り、青字は予定してたけど変更された便、赤字は
変更された結果実際に乗った便です。
ちなみにSQはシンガポール航空、TGはタイ国際航空で、時刻はそれぞれ現地の
時間です。(シンガポールと日本の時差は-1時間、タイと日本の時差は-2時間です)

4/29 SQ637 成田     11:30 - シンガポール 17:40 ※1
4/29 SQ978 シンガポール 18:35 - バンコク   20:00
4/30 SQ970 シンガポール 07:10 - バンコク   08:35
4/30 TG134 バンコク   13:20 - チェンライ  14:40 ※2
4/30 TG140 バンコク   18:20 - チェンライ  19:40
5/02 TG135 チェンライ  15:25 - バンコク   16:45
5/04 SQ979 バンコク   18:30 - シンガポール 21:55 ※3
5/04 SQ975 バンコク   12:40 - シンガポール 16:05
5/04 SQ638 シンガポール 23:45 - 成田     07:50(5/5)

まずは4/26の昼間に※2が運休になったとのメールが届きました。
そして同日の深夜に※3が運休になったとのメールが届きました。
おそらく現在のバンコクの騒動でバンコク発着の乗客が減っているのが原因でしょう。

まぁ、※2はチェンライですぐにやることがあったわけでもないので
大きな影響はありませんでした。
※3はバンコクで最終日にマッサージを受けてから空港に行く予定が、朝食を
食べたらすぐにチェックアウトして空港に向かう必要が出ました。
そして何よりシンガポールでの乗り継ぎが丁度良い程度の時間だったのが
7時間40分も空いてしまいました。
こちらは確認したところ、シンガポールに入国しても大丈夫とのことなので
ちょっと街中に出てみることにしました。

この2つは直前ではあるものの出発前にわかっていたので対処を考えていましたが、
※1は当日のSQ637が遅延してしまい、SQ978への乗り継ぎができなかったのです。
同じシンガポール航空ですし、成田で既に両方の便のチェックインは済ませて
いたので、きっと多少遅れても出発を待っていてくれるんだろうな、と思っていました。
一応、SQ637のCAさんにも「乗り継ぎ時間が短いんですが待っててくれますよね?」
と聞いたところ、「たぶん待っていてくれると思いますが・・・地上係員に
確認して下さい」との返事でした。
シンガポールに到着して地上係員に聞いてみたところ、新しいチケットを渡されて
「既に明日の朝の便に振替えて発券してあります。ホテルもこちらで用意します。
もちろんホテル代は必要ありませんし、ホテルまでのタクシー代も不要です。
ホテルでは夕食と朝食もついています。」みたいなことを英語で言われました。

そんなこんなで予定外のシンガポール泊となってしまったわけです。
しかし4/29は駐在時代の会社の人達と飲み会が予定されていたため、急遽その人達
にも連絡してバンコクに行けない旨を伝え、バンコクで予約してあるホテルにも
翌日の午前中の到着になってしまう旨を伝え・・・
結構大変でした。

予定外のことがあるとバタバタしますが、それでも何とかはなるものですね。
これを考えると※2が変更になっていなかったら、翌日バンコクに着いて
ホテルにチェックインしたらすぐにまた空港に行かないといけないところでした。


そもそも何でシンガポール経由なのかが疑問なんですけど~、って思っちゃう方は
参考になったと思ったらランキングをポチっと


SEO対策 : タイ SEO対策 : バンコク SEO対策 : タイ語 SEO対策 : マッサージ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。