バンコク博覧会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トンブリ散策

マッサージ三昧も良いのですが、少しは歩き回って身体を疲れさせる
こともしようと思って、BTSでチャオプラヤー川を渡ってトンブリ地区を
散策してみました。

BTSのシーロム線がサパーンタクシン駅から2駅延長されてチャオプラヤー川
を超えたのはいつだったか忘れましたが、せっかくだから行ってみたいと
思っていました。
トンブリ1

終点のウォンウィアンヤイ駅について下車。新しい駅なので作りがしっかり
している印象です。
まずは駅構内で周辺地図をパチリ。
トンブリ2

とりあえず左に進んで角を曲がってロータリーになっている所を目指します。
街の様子は若干ですがバンコクの都心部とは違ってのんびりしている感じです。
トンブリ3

途中に写真は撮りませんでしたが市場があったりして、都会になる前の
バンコクもこんな感じだったのかなぁ、と言う気がしました。
ロータリーの所(ウォンウィアンヤイ広場とでも言うのかな?)に来ると、
ここにもモニュメントがありました。
タイの王朝はスコータイ→アユタヤ→トンブリ→バンコクと都を移しているので
トンブリ王朝の時の王様の像かな、と思います。
(違ったらごめんなさい、ちゃんと調べたわけではないです)
トンブリ4

しかしどうも他に周りに観光するようなものもなさそうなので、先ほどの地図の
ロータリーから右上に伸びる大きな道を歩いてみました。
手元の地図では2キロ位歩けばチャオプラヤー川に出れそうです。
でもこの道も特筆するようなものもなく、こんな写真を撮ってみたり。
トンブリ5 トンブリ6

しかも川に着いた以降はいっさい写真を撮り忘れています(笑)
渡し舟でバンコク側に渡って(渡し賃3バーツ≒8.4円)近くのBTSの駅
までタクシーで行こうかなと思ったら、一緒に行っていた人がその近くにある
シープラヤー通りを通ってみたい、と言うので再び歩くことにしました。

が、そのシープラヤー通りと言うのがまたな~んにもない通りでして
結局ほとんど無言でまた2キロ以上歩きました。
もう相当に汗だくで、着いたところは地下鉄のサムヤン駅でした。
暑い中結構歩いたなぁ~。
一旦ホテルに戻ってシャワーと着替えをし食事に。
その日のビールは格別でした。


トンブリにはこんな良い所もありますよ~、と教えていただける方は
参考になったと思ったらランキングをポチっと

スポンサーサイト

クーデターから4年

タイでは過去に何回かクーデターが起きていますが、直近では
私が赴任して間もない2006年9月19日でした。
その時に書いたブログはこちら

そのクーデター後もクーデターで失脚したタクシン元首相を支持する
タクシン派と反タクシン派でタイは2つに分かれています。
2つに分かれていると言っても、何かそのような行動を起こしている時
以外は何事もなかったかのように仲良くしているようにも見えます。

そして今回の訪タイ中、クーデターからちょうど4年を迎えました。
その日に合わせたのかどうかはわかりませんが、9月19日の日曜日には
ラチャプラソンの交差点にタクシン派のシンボルである赤シャツを着た人達が
たくさん集まって道路を封鎖しました。
朝、ちょうどその辺をBTSで通ったのですが、その時は特に何も
ありませんでしたが、昼過ぎにホテルに戻るために再び通った時は赤シャツが
たくさん集まっていました。

道路封鎖による渋滞等の影響はあったかと思いますが、暴徒化したり
何か危害を加えるような行動には発展せず、事前に公表されていた通りに
20時頃には解散となったようです。

何とか対話による和解へと進んでほしいものです。


政治的な問題の解決は難しいですね、と思う方は
参考になったと思ったらランキングをポチっと

出会い

タイ語のオンラインレッスンを利用しています。
オンラインレッスンはスカイプを利用して在宅でレッスンを受けるものです。
実際に私はそれでタイ在住のタイ人の先生のレッスンを受けていますが、
今回の訪タイでお会いして食事をする機会を持ちました。
先生はある程度日本語も話せますが、日本語のわからないお友達も連れて
来られたので、なんとか頑張ってタイ語での会話です。
(かなりの割合で先生に助けてもらいましたが)

やはりタイに遊びに来ると日本人相手の店とかでは日本語がかなり通じますが
一般人との会話は結構勉強になります。
帰国したらまたレッスンを頑張ろう、と思った瞬間です。


その辺から交友関係が広がって行くのは良いですね、と素直に思える方は
参考になったと思ったらランキングをポチっと

市場介入

私は以前タイに赴任していた時に作ったタイの銀行の口座を
そのまま維持しています。
今回のように円高でレートが良い時は日本から持って行った日本円を
両替して使いますが、逆に円安になってしまった場合はあまり両替を
せずに口座からおろして使おうと言う魂胆です。

タイでは両替を行うところはあちこちにあり、レートもそれぞれです。
1、2万程度を両替するだけならわざわざレートの良い両替商まで行く
ほどでもないですが、金額が大きくなる場合はバカになりません。
まぁそれでもわざわざ行くよりは、行動パターンの中で良いレートの両替商
で両替するのが妥当かと思います。

で、今回ですが、出発前はかなりの円高だったので少し多目に両替して
口座に入れておこうと思っていました。
このブログでも左にバンコク銀行の両替のレートを載せていますが、
JPYが36.40(10000円=3640バーツ)位はあったので、レートの良い両替商
では3700バーツ超えが期待されました。
ちなみに私の赴任中は円安の頃で、たしか10000円が2800バーツを切って
いたと思います。

しかーーーし、到着早々に政府による市場介入が行われ、一気に35.40位まで
落ちてしまいました。。。
10000円で100バーツ、10万円なら1000バーツの差です。
1000バーツあれば結構なことができるので、この差は大きいです。
残念。。。

介入するならするで、「明日介入します」とか発表してくれれば良いのに。
(ありえないですけど)


結局どの位のレートでいくら両替したの?と気になる方は
参考になったと思ったらランキングをポチっと

ダメダメな初日

成田発10:50の全日空でバンコクに向かう予定だったのですが、
ちょっと空港でお土産を買ったり、朝からビールを飲んだりとするために
7時半には空港に着くように家を出ました。

スーツケースは事前に宅配で空港に送ってあるので、それを受け取って、
前日に現地の知り合い用に買ったお土産をスーツケースに入れようと思って
ベンチに座ってズボンのポケットから鍵を取り出したら・・・
なんとスーツケースの鍵がついているのとは違うキーホルダーを持ってきてしまいました!

ど、どうしたら良いのでしょう。
もう一度家まで戻っても搭乗時間にギリギリ間に合うかもしれません。
でも既にスーツケースは受け取ってしまっているから邪魔だし、ほかのお土産を
買う時間もなくなってしまいます。
そこで思いついたのが、もしかして空港に中には鍵開け屋とかあるのでは???
と言うことでした。
とりあえずインフォメーションに行って聞いてみましたが、ショップの中のカバン屋で
壊してくれることはできるけど、開けてくれるのは無理とのこと。

仕方ないのでそのカバン屋に行って話をしてみましたが、やはり壊さずに開けるのは
無理とのことです。
どっちみちタイに着いてからも開かなかったら困るので、そこで新しいスーツケースを
買って中身を詰め替えることにしました。
予定外の出費です。。。
壊した方はお店で処分してもらいました。ずいぶん長く使ったスーツケースでしたが、
別れは簡単でした。

おかげであまり買い物する時間もなくなったのですが、急いで済ませて搭乗へ。
30分位出発が遅れましたが到着はほぼ定刻通り。
通路を歩いて入国審査の場所に向かいます。
が、ここでも失敗。。。
入国審査は何ヶ所かあるのですが、人の流れについて行って一番混んでいる場所に
行ってしまいました。
しかもその中でももっとも遅いレーンに並んでしまいました。
1人の審査が済む間に他のレーンは4人位進みます。
ようやく審査が終わって預け荷物を取りに行くと、既にすべての荷物が出終わっていて
ターンテーブルも止まってポツンと取り残されていました。
おかしいなぁ、比較的出口に近い席に座っていたから、他の人たちより先に入国審査
の場所に着いたはずなのに・・・


この先大丈夫?と心配になっちゃう方は
参考になったと思ったらランキングをポチっと

行って来ます。

昨日がんばってGWの訪泰の記事を締めくくったわけですが、
明日から夏期休暇を取って再び訪泰します。

ようやく日本も秋の気配が少し感じられるようになってきましたが、
帰国する時にはすっかり秋になってて風邪をひいちゃったりして・・・

今回は祝日もからめて少々長めの日程となっています。
いろいろと懐かしい人達にも会えると良いな、と思っています。

それより雨期の終盤だから豪雨が考えられるけど、どうなんですかね?


円高でラッキーだねって為替通な方は
参考になったと思ったらランキングをポチっと

帰国

バンコクでおとなしく2泊した後に帰国の日となりました。
以前書いたように、帰国もシンガポール経由だったのですが、ただの乗り継ぎ
だけのはずがバンコクからシンガポールへの便が運休のため約6時間前倒し。
本当なら最後のマッサージを受けてから空港に行く予定だったのですが、
朝食を済ませたらそのままホテルをチェックアウトして空港へ。
そしてシンガポールに向かいました。ちなみに機内食はカレーでした。
BKK-SIN1

シンガポールに到着後は時間がたっぷりあるのでまたカジノに向かいました。
カジノは今年できたようですが、2ヶ所あるようなので行きに寄ったのとは
違う方に行ってみました。
もちろんこちらも撮影は禁止なのでカジノの写真はありません。
BKK-SIN2 BKK-SIN3

空港からはタクシーに乗って移動です。世界最大の観覧車、シンガポールフライヤー
も見えます。
が、カジノがまだ新しいためか運転手も正確な場所はわからないみたいで
少々迷った末の到着でした。
ちょっとこちらのカジノは1人でやるには敷居が高く、見るだけにとどめました。

やらないまでも充分に見学した後は再び早目に空港に戻ることにしました。
カジノから乗ったタクシーの運転手は少々年配の方でしたが話し好きのようで
英語で「韓国人か?」と話しかけて来ました。
「いや、日本人でさっきタイから来て今から日本に帰るところだ」みたいな
ことを頑張って英語で返して、その後も会話をしていたのですが、
途中で運転手の携帯が鳴って通話し始めました。
すると、あれれ?なんとその運転手が電話でタイ語を使っています。
「お客を乗せて空港に向かっている途中だ」みたいなことを言っています。
電話が終わって運転手が「タイ語わかるか?」と言って来たので、「英語よりは
わかるよ」とタイ語で答えたら、笑いながら「実は彼女がタイ人なんだ」とのこと。
そこからはタイ語での会話です。

と言ってもシンガポールは小さな国なので、空港までもそれ程時間はかかりません。
空港に着いてお互いに「チョークディーナ」(グッドラックみたいな感じ)
と言ってわかれました。

空港では少し空腹だったので和風スパゲティの店で焼肉スパゲティとサラダを注文。
BKK-SIN4

しかしこの時間帯の空港はガラガラでした。
BKK-SIN5 BKK-SIN6 BKK-SIN7

で、ちょっと散策しているとこんなものを見つけました。
こんなのがあるなら利用すれば良かったなぁ・・・
BKK-SIN8

その後、成田行きのA380に乗り帰国しました。
深夜便なので、乗った時は軽食としてパニーニが出ました。
そして到着前に朝食が出ましたが、和食を選んでみました。
BKK-SIN9 BKK-SIN10


GWの訪泰がやっと終わったんですね、とホッとした方は
参考になったと思ったらランキングをポチっと

バンコクに戻って

チェンライからバンコクに戻りました。
やはり機内食(国内線なので軽食)を載せないわけには行かないですね(笑)
バンコクに戻って1 バンコクに戻って2

ちなみに確かタイ航空のこの国内線の軽食は持ち帰り可能で、ビニール袋をもらうことも
可能だったと思います。

スワンナプーム空港について、荷物も軽い手荷物だけなのでタクシーではなくエアポートリムジン
のバスを使ってみることにしました。
料金は一律150バーツで、ホテルに一番近いBTSの駅のところで降ろしてもらえます。
路線はいくつかあるのですが、最寄り駅はプロンポンなのでスクンビットを通るバスに
乗りました。
私のイメージではオンヌットから順に西に行くのだと思ったのですが、デモの影響でしょうか
高速をずーっと進んで西から東に停車して行きました。
結局スクンビットの渋滞にはまって1時間位かかってしまいました。

バンコクに戻って3
これはアソーク付近でバスの中から撮った写真です。
わかりにくいかもしれませんが、道のあちら側に兵士達がいます。
バンコクもこの後大変なことになったわけですが、この時はまだ緊張が高まっている
状態でした。
それもあってチェンライに行ったりしたわけですが、バンコクもゼロと言うわけにいかず
2日程過ごしました。
が、危険な場所には行かなかったので書くような内容もなかったりします(笑)


機内食なんていらないからもっと安くしてくれ~!と叫んじゃう方は
参考になったと思ったらランキングをポチっと


SEO対策 : タイ SEO対策 : バンコク SEO対策 : タイ語 SEO対策 : マッサージ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。