バンコク博覧会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外赴任事前準備

もうじきバンコク勤務になります。
今日はその関係で税務署と市役所に手続きに行ってきました。

私の場合・・・
 1.独身で持ち家(分譲マンション)に一人暮らし
 2.赴任中は自宅は売ったり貸したりしない
   (時々身内が風を通したりしに来てくれる)
 3.時々タイから日本へ出張で来ることもある
と言った条件です。

今日やってきた手続きは、まず税務署に行って「転任の命令等により
居住しないこととなる旨の届出書」
を出してきました。
これは買ったマンションの住宅取得減税を受けているのですが、
これを受ける条件の1つに「その住居に居住していること」と言うのが
あるんです。
これを満たさなくなってしまうため、減税を止めてもらう手続きです。
はい、できることならやりたくない手続きですね(^_^;
手続きは簡単で税務署で書類を書いて、年末調整の時に出している
減税の書類を返還、それと会社からの赴任辞令のコピーの提出でした。

次に行ったのが市役所。こちらでは「国外転出届け」を出します。
国外転出届けと言っても用紙は普通の転出届けと同じ。
転出先に「タイ王国」と書いただけ(笑)
転出予定日が来ると自動的に印鑑登録も抹消されるんですって。
登録証のカードは自分で破棄して下さい、って言われました。
そしてその後、一応資産税課に行ってみました。
ネットで調べてると「固定資産税納付書の送付先変更」をしなければ
いけないと書かれていたので、その話をしました。
私の場合は固定資産税の支払いは口座振替にしていて、今後もそのまま
だし、自宅もそのまま残っていて身内がたまに来て郵便物とかも
チェックしてくれるので、特に手続きは不要とのこと。やっぱりね^^

行くまではあれこれやらないといけなくて大変だなぁ、と思ってました
が、行ってみれば案外簡単なものでした。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック


SEO対策 : タイ SEO対策 : バンコク SEO対策 : タイ語 SEO対策 : マッサージ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。