バンコク博覧会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フカヒレ

フカヒレ1
「興魚翅」と言う店にフカヒレを食べに行って来ました。
英語表記だと「HENG SHARK FIN」です。「ヘン フーチャラーン」と言うみたい。
道からは見えるようにこんなディスプレイも。
フカヒレ2

ここはネットで調べたらヤワラー(中華街)まで行かなくても比較的安くておいしい
フカヒレの店だと言うことで知人と2人で行ってみました。
場所はペップリー通りをずっと東に向かい、運河を越えた十字路の先。
十字路は左に行けばラムカムヘン、右に行けばプラカノン。そして超えた先は
たぶんパタナカーン通りになるんだと思います。
ちょっと電車からは遠いですね。

私がネットで調べた情報では、ご夫婦で行かれて1人1000バーツのフカヒレの
姿煮をそれぞれが注文し、あとは蟹チャーハンでも食べると充分と言うようなものでした。
フカヒレの姿煮なんて日本で食べたことないのですが(たぶん)、高いんですよね?
1000バーツもタイでの食事としては充分に高いのですが、姿煮にわくわくしながら
注文しました。メニューは一部日本語でも書かれています。
全てではないのは日本人が注文する物は大抵決まっていると言うことでしょうか(笑)

しかしメニューを見てもフカヒレの姿煮のカテゴリーがありません。
フカヒレスープはあって、たしかにそこには値段がたくさん書いてあります。
そして一応そこに載っている写真には見事なフカヒレ様の姿が・・・
これに違いない、と思って1000バーツのをそれぞれ注文。
正確には最初1つだけ注文したらビックリされました(笑) 1000バーツのは
上から2つ目位の値段ですし、姿煮がドーンと出てくれば2人で分けても良いかな
と思っていたのですが、「大きいんでしょ?」と聞いたら「そんなに大きくない」
とのこと。それなら・・・で結局2つ注文したわけです。 弱い私達(^^;
そして出てきたのがコレ。
フカヒレ3
アツアツ・グツグツの状態で出てきました。比較するものがないので大きさがわかりませんね。
う~ん、立ち食いそばのどんぶりより一回り小さい位でしょうか。
しか~し!! フカヒレ様のお姿がありません。。。やっぱり普通のフカヒレスープでした(笑)
もちろんフカヒレは入っていますよ。1本1本の筋だけではなく、ちゃんと
ある程度のかたまりもありました。
しかし妄想が大きかっただけにちょっとショック。でもおいしかったです。
フカヒレ4

他には魚の胃袋の炒め物、空芯菜炒め、蟹チャーハン、ビール3本。
胃袋の炒め物はコレ。右は蟹チャーハンにフカヒレスープをかけたところ。
フカヒレ5 フカヒレ6
このスープかけチャーハンはかなりイケます。

結局はお腹一杯に満足しました。そしていざ会計。
フカヒレだけで2人で2000バーツだし、ビールも3本飲んでいるから全部で4000バーツ
近く行くかな??? と思ったら2870バーツ。 ん?そんなもん?
高いのが1つ入っちゃうと何だか感覚がわからなくなっちゃいますね。
確かに高級店のように何でもかんでも高いわけではなく、フカヒレ以外のメニューは
そんなに高い金額は書いてませんでした。これは使えるかも。
今度は800バーツのフカヒレで良いかもなぁ~。
ご馳走さまでした。

よだれが出ちゃった方は
参考になったと思ったらランキングをポチっと

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

おはようございます。

中華、美味いですよね~。今日の場所はさすがに
分からないですが、中華街はバスで通ったような・・・。

それにしても、写真のフカヒレスープ・・・

煮立ちすぎです!(笑)

今日のお品書きの中では、胃袋の炒め物が惹かれますが、
普通に炒められちゃうくらいの大きさの胃袋ってことは
どんだけデカイ魚なんでしょうね、不思議。

そうそう、この間のマッサージ屋「ワットポー」、私の
友人も通ってるそうですョw 

かず | URL | 2007年08月19日(Sun)11:37 [EDIT]


>かずさん
バンコクで中華は比較的安くておいしいものが食べられるので
嬉しいですね。
実は昨日も北京ダックを食べに行ってきました。

胃袋は何の魚かわかりませんが、ふかふかした食感でしたよ。

ワットポーマッサージはスクンビット界隈で言えばSoi33にもありますね。
そっちは私は行ったことがないのですが・・・

まさらっきょ | URL | 2007年08月19日(Sun)11:55 [EDIT]


 

トラックバック


SEO対策 : タイ SEO対策 : バンコク SEO対策 : タイ語 SEO対策 : マッサージ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。