バンコク博覧会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今度こそロイヤルターフクラブ

1週間前の話になりますが、16日にロイヤルターフクラブと言う競馬場に行って来ました。
先月にも一度来たのですが、新憲法草案の国民投票の日で開催されていなかったため
(→記事参照) 中に入るのは初めてです。

バンコクには2つの競馬場があり、もう1つはロイヤルバンコクスポーツクラブと言います。
こちらは去年行きました。(→記事参照
今回行ったロイヤルターフクラブの方が大きさとしては小さいです。
入口と入場券はこんな感じ。
ターフクラブ1 ターフクラブ2

入口近くに立っていると、すかさず英語版の競馬新聞売りが近づいてきます。
同行者はそれを購入。100バーツです。
そして私は同じじゃつまらないのでタイ語版の新聞を購入。こちらは20バーツ。
そして指差されるままに入場口の方に進みましたが、入場料が50バーツと書かれています。
事前調査でゴールから遠い方が50バーツで、近い方は100バーツと知っていたので、
「100バーツの所はどこ?」と聞いたらもっと先とのこと。
そちらまで歩いてそこから入場しました。

中は・・・う~ん、ロイヤルバンコクスポーツクラブの時も日本の地方競馬みたい、
と思ったけど、こちらの方がよりそんな感じです。
それに一応サンダルやGパン、短パンでの来場は禁止されているはずですが、
タイ人はほとんどがそうでした(笑)
しかし結構人が入ってましたね。
ターフクラブ3

そして馬券購入。スポーツクラブの時もそうでしたが、50バーツ単位で窓口で口頭で買います。
購入した馬券とタイ語版競馬新聞です。
ターフクラブ4

タイの競馬は単勝と複勝しかないし、比較的人気サイドで落ち着くので妙味は少ないです。
しかも私はそこまで人気のやつは買えないたちなので、結局5レースをそれぞれ100バーツ
ずつやって、戻りは140バーツだけでした。
ターフクラブ5 ターフクラブ6 ターフクラブ7


競馬新聞の解読はできたの?と素朴な疑問を持った方は
参考になったと思ったらランキングをポチっと

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック


SEO対策 : タイ SEO対策 : バンコク SEO対策 : タイ語 SEO対策 : マッサージ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。