バンコク博覧会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タクシーでの会話

先日のマンゴスチンジュースを買いに行った時のことです。
日曜日も仕事をしていたのですが、2時頃で終了。
マッサージの予約を3時半に入れて、その間の1時間半で買いに行くことにしました。

BTSで行ってもたいした距離ではないのですが、セントラルワールドは駅からちょっと
歩く必要があります。(駅からスカイウォークで繋がっているので楽は楽なのですが)
重いカバンも持っていたため、タクシーで行くことにしました。

タクシーをとめて行先を告げます。ちなみにセントラルワールドをタイ風に発音すると
カタカナで書けば「センタンワー」って感じです。
運転手は「OK」と言って走り出しましたが、途中で曲がろうとしました。
そこで運転手と私との会話。

 「センタンワーだろ?」
 「そう、センタンワー。もっと真っ直ぐ行ってから右でしょ?」
 「センタンワーはここを右だ」
 「いやいや、真っ直ぐ行って」
 「信号を右に曲がるのか?」
 「そうそう、そうすると左にZEN、センタンワー、ISETANがあるでしょ?わかる?」
 「はぁ?」
 「ISETANわかる?ISETANの近くね」
 「おぉ、BIG Cか?」
 「う~ん、違うけどまあBIG Cに近くだよ。信号を曲がったらラチャダムリ通りでしょ?」
 「そうだ、ラチャダムリだ。右に曲がったら右にあるのか?」
 「違うよ、右に曲がったら左にあるんだよ」
 「おぉ、ワートレ(ワールドトレード)のことか」
 「そうそう、前はワートレだった。今は名前が変わったよね」
 「ワートレならワートレって言わなきゃわかんないよ、ワートレって言えばタクシーの
   運転手ならわかるぞ」
 「へぇ、わかったわかった」

ある程度年配の運転手だったので新しい名前を知らないのですね、きっと。
今度またタクシーで行く機会があれば、運転手の年齢層によって使い分けた方が良さそうです。
また1つお勉強。

タイ語でのその会話は本当に成り立っていたの?とお疑いの方は
参考になったと思ったらランキングをポチっと

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

新米の運転手や、ベテランでも詳しい運転手なら「センタンワー」でもOKですが、いまだに「ワーテー」でないと分からない運転手もいますね。
最近は、「センタンワー」と言ってから「以前のワーテー」と言っています。

そういえば、9.11のテロがあったとき、「ワーテー」を見に行った「アホ」がいるとか.....。
アメリカの話なのに。

うわん | URL | 2008年03月05日(Wed)09:16 [EDIT]


>うわんさん
まぁ、そもそも私自身が新しい「センタンワー」しか
知らないわけですが・・・(笑)
これが日本ならタクシーの運転手なんて運転のプロなんだから
道や建物を覚えるのも仕事のうち、と思いますが、
タイの場合は「他にやることがないから運転手にでも」
となってる人も多いですからね。

まさらっきょ | URL | 2008年03月05日(Wed)23:45 [EDIT]


 

トラックバック


SEO対策 : タイ SEO対策 : バンコク SEO対策 : タイ語 SEO対策 : マッサージ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。