バンコク博覧会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと気軽に出かけたのに

タイ語がもう少し喋れるようになりたくて主にネットでバンコクのスクールを
以前から探していました。
実際に行って説明を聞いたところもありましたし、メールで問い合わせをした
ところもいくつかあります。
しかしなかなか条件を満たすところはありません。
そんな折、職場の後輩がとある所から個人レッスンをやってくれると言う
女子大生を見つけてくれました。しかも無償だと言います。
なぜかと言うと、彼女はこちらの大学でタイ語文学?(日本で言う国文学の
ようなもの?)を専攻していて、そのカリキュラムの中に外国人に語学を
教える、と言うのがあるらしく、ちょうどその練習にもなるので自分にとっても
メリットがあると言うことらしいのです。
ただこれまでに教えた経験はないらしいので、ちゃんと教えてもらえるかどうか
不安でしたが、とりあえずは1回会って打ち合わせをすることにしました。

土曜日(昨日)の昼の12時にBTSのトンローで待ち合わせをしたので、
それに間に合う位の時間に出発しました。
一応怪しまれないように名刺を持ち、あとは持ってるタイ語関係の本などを
持って行きました。
こちらが2名なので、先方も友達を連れてくると言うことでさながら2対2の
合コンみたいです(笑)
合流して挨拶を済ませて近くの喫茶店に入り、さっそく打ち合わせ開始です。
友達と言うのも大学生で1つ先輩とのことなので、ひょっとしたらこちらは
人に教えた経験があるのかもしれません。
一通り、どんなレベルで学びたいのか、どの位のペースでやりたいのか、
いつから開始したいか、今回2人で来たけど教えるのは1人が良いか2人で
やった方が良いか、などの打ち合わせをしました。
相手はプロではないので、教える側もいろいろと補ってもらえるように2人で
教えてもらえるようにお願いし、あとは具体的なカリキュラムについては
次回までに彼女たちが考えてきてくれることになりました。
その後は知ってるタイ語を使ってプチレッスン的なことをしたりして、
1時間40分程で別れました。

素人さんによる個人レッスンですが、打ち合わせをした感じではちゃんとして
そうでしたし、2対2なので楽しくレッスンできそうな感じです。
どんな風に進んで行くか、ちょっと楽しみ。
仲良くなればレッスンだけではなく、どこか遊びに行ったりとかもできるかも
しれませんしね♪
あ、でも彼女たちはもちろん日本語は話せません
レッスンは意味を英語で教えてくれながら進めることになります。
またここに壁が・・・(^^; でも仕事ではないから気楽です(笑)



と、この打ち合わせをするために出かけたわけですが、時刻は1時40分。
実はスーツをオーダーメイドした店に4時に行くことになっています。
まだできてないんです(^^;
と言うか、昨日はなぜ行かないといけないのかもよくわかっていません。
仮縫いを2回やってあとは完成したらアパートに届けてくれる、とのことでしたが
すでに仮縫いに3回行ってるし・・・。
ただ3回目の時にもちょっと注文をつけているので、またそのフィッティング
として呼ばれたのかもしれません。
一旦部屋に戻ってからまた出てくるのも面倒だし、我々は昼食はとってなかった
のですが、食べたとしても2時間つぶすのは中途半端です。
そこで後輩と一緒に2時間マッサージを受け、それからお店に向かいました。

ところがお店に行ってみたら、「ごめんなさい、まだできてません」ですって。
ん?どう言うこと??? 来いって言われたから来たのに・・・
しかも、もしかして完成したらアパートに届けてくれると言ったのも違うの???
なんかよくわかりませんが、これもタイ式かと思い、別に急いでいないことも
あるので「マイペンライ(気にしないで)」と言って店をでました。
はぁ、また来週の土曜日に行かなくちゃ・・・(^^;

さて、どうしよう・・・お腹すいたからご飯でも食べに行きますか、ってことで
BTSの改札を通ったところで知り合いから電話。急遽会うことに。
しかもちょうど近くにいたらしいので、駅まで来てもらって食事につきあって
もらいました。
しかしこの後、居酒屋に行くことにしたので食事は軽めに。
行きつけの居酒屋の開店時間は6時なので、ここでまた中途半端な空き時間。。。
まぁ、適当に話をして少し時間をつぶして、それから居酒屋に移動。
15分位前に着いちゃったけど、入れてもらってとりあえずビール。
1時間半くらいいたでしょうか、知り合いもこの後予定があるとのことなので
そこで別れました。

また後輩と2人になったわけですが、時間は7時半少し前。このまま帰るには
なんとなく早くてまたまた中途半端です。
そこでボトルキープしてあるカラオケがあるから、そこに行こうと言うことになり
タクシーに乗りました。
カラオケと言うのは日本のカラオケボックスのような所ももちろんありますが、
こちらでは一般的には入り口で一緒に過ごす女性を選びます。
まぁキャバクラみたいなもの、と思ってもらえば良いです。それ以上のところも
あるけど・・・(笑)
ところがタクシーの中で後輩が何となくまだ食べたりない、と言うので
行き先を変更して別の居酒屋へ。こちらは会社の上司に連れられて良く行く店
ですが、上司なしで行ったことはありません。
で、言って適当に飲み食いしてたら、店の女の子が「今夜店が終わったら
一緒にディスコに行こう」と誘ってきました。
店が終わるのが11時、まだ3時間以上あるよ・・・(^^;
でも以前にも書きましたが、ここの店員達とはディスコに行ったことがあり、
しかも今回誘ってきているのはその日は休んでいた子。
私はこの前行ってないから・・・、とうまい作戦です(^^;
ま、翌日も休みなのでOKして行くことにしました。ちょっと発散したかったですしね。

でもやはりそこで3時間待つのは大変なので、その店の隣のカラオケへ(笑)
そこで11時まで時間を潰します。ここも何回か行ったことがあるのですが、
いつ行ってもお客はいません。ロケーションがあまり良くないしなぁ。
いつも女の子が何人かいるけど、どうやって給料払ってるんだろう?
と思っていましたが、今回はなんと店員も1人しかいませんでした(^^;
その店員も基本的にはカウンターの中と厨房の方へ行ってます。
我々は男2人でソファー席でカラオケ・・・滑稽な図であります。

どうにか11時まで過ごしてディスコへ移動。女の子は4人行くようです。
タクシー1台に強引に乗り込み(カローラに客6人はつらいなぁ)、ペップリー通りの
イサーンディスコに向かいます。
到着してメーターが75バーツのところ100バーツを払って店内へ。
ほほぅ、イサーンの踊りとはこう言うものですか・・・、と言う感じですが、
店内はかなりの混雑。席がありません。
しかたないので道を隔てた反対側の普通のディスコへ。
ところがこちらも満員で入場規制。。。 と言うことでまたタクシーで別の
場所へ移動です。

1台目は乗車拒否され(やっぱり6人は多い?)、2台目を止めたらさっき
ここに来た時に乗った運転手。彼もニヤニヤしてます(笑)
なんだかシーコンスクエアの方を通ったかと思えばまたスクンビット通りに入り
結局エカマイへ。しかもその道はさっき通ったところです。
私が「ティーニー、マーレオ(ここ来た)」とつぶやいたら、女の子たちが
4人一斉に「ピンポ~ン♪」で大爆笑(笑)
結局以前にも行ったディスコと同じ店に落ち着きました。
さっきのところからここまでのタクシー代は137バーツだったので150バーツを
払って降車。結局タクシーに250バーツ払ったことになります。
でも・・・直接ここに来てたらたぶん40バーツで足りたよ・・・

結局店に入ったのは12時を回っていて、それから2時まで踊って2時半に
部屋に帰ってきたのでした。
ふぃ~、打ち合わせに行っただけのはずだったんだけどな・・・(^^;


おつかれさま~
参考になったと思ったらランキングをポチっと


スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

タイで政変 軍が首都制圧か

だそうです。
大丈夫?

guzi | URL | 2006年09月20日(Wed)05:30 [EDIT]


>guziさん
ご心配ありがとうございます。とりあえず今のところ身の危険はありません。

まさらっきょ | URL | 2006年09月20日(Wed)09:20 [EDIT]


 

トラックバック


SEO対策 : タイ SEO対策 : バンコク SEO対策 : タイ語 SEO対策 : マッサージ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。