バンコク博覧会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝日は全て禁酒?

チェンライ編の途中ですが気になる記事があったので載せておきます。

出展はこちら(タイの地元新聞を読む)
http://thaina.seesaa.net/archives/20080419-1.html

このサイトについては以前も触れたことがあったかもしれませんが、地元のタイ語あるいは
英字新聞から大きなニュースを個人的に和訳してブログ形式で掲載しているサイトです。
引用等は認められているので転載すると、(一部改行を追加)

-----------------------------------------------------------------------
内相、ソンクラーン期間や年末年始期間を禁酒日に

 チャルゥム内務大臣は18日、ソンクラーン期間だけでなく年末年始期間を含む
全ての祭日を禁酒日にする方針である事を明らかにした。

 この方針は、ソンクラーン期間や年末年始期間等の国民の大移動が伴う時期に
発生する交通事故の多くが飲酒運転に起因していること、また、当該期間中に
飲酒に起因するモラルを逸脱した犯罪が増加する傾向にある事を受けたもので、
同大臣によると、既に多くの団体から支持を得られており、年末年始期間前に
公共保健省令という形で実施に移せる見通しだという。
-----------------------------------------------------------------------

とのことです。
現在でもタイでは一部の祝日では禁酒日の時がありますが、この法令が実施
されると全ての祝日が禁酒日になる、と言うように読み取れるかと思います。

これがどう影響するかと言うと、(少なくとも表向きは)当日はスーパー等でも
お酒を買うことができませんし、飲食店でもアルコールの提供はできなくなります。

タイ在住でただ酒が飲みたいだけなら前日までに買い置きをしておけば自宅で
飲むことはできるので問題ないですが、日本から遊びに来る人はどうでしょう。
もちろん買い置きしておいてホテルの部屋で飲むのは可能です。
でも遊びに来ている人はお店で飲むから楽しいのですよね。
タイスキやタイ料理のお店に行っても、シンハービールではなくコーラや水での
食事になってしまいます。
夜遊びにしてもゴーゴーバーやタニヤ等のカラオケ店等もお酒の提供はできません。
(おそらくカラオケ店は一部は休み、営業する店は湯呑み等での提供になると
思いますが)

自由に休みが取れる人はそれを外して来れば良いでしょうが、一般的に休みが
とりやすいのは年末年始、GW、夏休みでしょう。
年末年始は祝日で言えば大晦日と元旦。でもこの記事からはその2日間だけ
なのか、もっと期間的に禁酒になるのかは判りかねます。
GWは日本の祝日だから関係ない!と思っても、実はタイも5/1と5/5は祝日です。
夏休みは会社によってマチマチかもしれませんが、お盆の時期で考えると
8/12が祝日です。

と言うように日本人旅行者にとっても少なからず影響が出そうな法案ですね。
今後の推移も見守りたいと思います。


旅行記なんかよりこう言う情報が大切だよ、と平気で言っちゃう方は
参考になったと思ったらランキングをポチっと

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

酒の販売は今でもかなり制限されています。
売るだけでなく、飲む方も制限を強化する。
王室関係、選挙、仏教の特別な日は自分たちでも納得して禁酒にしているタイ人が多いようです。
事故や事件が多いのは、酒を飲むからではなく、普段から、飲酒運転を見逃しているからではないでしょうか?
昔から、女と酒と煙草を禁止して、成功した例は無いと言います。
言い出した奴と密造、密売する奴はくっつきやすいからでしょうか?

うわん | URL | 2008年04月20日(Sun)08:28 [EDIT]


>うわんさん
販売に規制をかけると言うのは酒を飲まなくするための1つの
方法ではあると思います。
が、取り締まる立場の人間が賄賂の定価表を持っているような
国ですから、なぜ守らなければいけないのかを理解させるのは
なかなか難しいですね。

まさらっきょ | URL | 2008年04月20日(Sun)18:30 [EDIT]


 

トラックバック


SEO対策 : タイ SEO対策 : バンコク SEO対策 : タイ語 SEO対策 : マッサージ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。