バンコク博覧会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴィエンチャンキッチン

スクンビットのソイ36にあるヴィエンチャンキッチンに行きました。
ビエンチャンと言えばラオスの首都ですが、こちらのお店はラオス料理と言うか
基本的にはイサーン料理かと思います。
(その違いは何?と聞かれるとわかりませんが・・・笑)

ここは有名な店でいつも混んでいます。
GW53
このように通されたのは2階だったのですが、1階には簡単なステージがあり、
バンド演奏や踊りなどをやっています。
おそらく1階席は予約しないと無理かと思います。

イサーン料理ですからバンコク風のタイ料理よりも辛目です。
注文したのは、

ラープムー
GW54

パッパッカナー(かな?)
GW55

カイヤッサイ(これは辛くないので安心)
GW56

これは名前はわかりませんが筍らしい(かなり辛い)
GW57

エビ!(この調理法は何と言うのでしょうか?)
GW58

ゲンチュータオフムー
GW59

これをカオニャオ(もち米)と一緒に食べます。
GW60

ビールはシンハーが良かったのですが、たまたま席に来たのがタイガービールのキャンギャル
だったのでタイガービールにしました(笑)
ちなみにここではビアラオと言うラオスのビールを飲むこともできます。
(が、私的にはタイのビールの方がおいしいかなぁ・・・)

予約の中に日本人客もいたのでしょう、日本語の歌なんかもやっていました。
屋根はあるものの、オープンエアーのような空間ですのでかなり暑いですが、2階席では
扇風機を近くにもってきてくれました。
行ったことのない方はお試しあれ。


やっぱりグルメブログになってますねぇ~、と笑っちゃう方は
参考になったと思ったらランキングをポチっと

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック


SEO対策 : タイ SEO対策 : バンコク SEO対策 : タイ語 SEO対策 : マッサージ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。