バンコク博覧会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うなぎの中村

ちょっと色々と考えることもあり(大袈裟・笑)、年末年始はバンコクで
過ごすことにしました。
まぁ、人との縁を大切に・・・ってところでしょうか。
そんなこんなでまた多少はブログネタが作れそうです。

と言うわけで最近スクンビットの39にできた「うなぎの中村」に行ってみました。
在タイ中も土用の丑の日になると形だけでも鰻を食べよう、と言うことになって
うな重とかを置いてある居酒屋に行ったりしました。
ところがバンコクにもうなぎ専門店ができてしまったわけです。

初回なのでとりあえずはうな重とビールを注文。
うなぎの中村
見た感じも普通に日本のうなぎやのようですね。
漬物の他に小鉢が2つ付いているのは嬉しいです。汁物が肝吸ではないのが残念ですが。

肝心の味はと言うと、まあ普通に美味しいのですがちょっと物足りない感じもします。
関東風の蒸した鰻でやっているようで軟らかいのですが、厚みが少ないのでふっくら感はありません。
それに注文してから比較的短時間で出てきましたが、日本ならもっと何回もタレにつけて
焼くところをもっと少ない回数で焼いていると思われます。
と言うか、焼いてるところは見なかったのですが(入口近くで焼いているようです)、
タレのカメにつけるのではなく、ハケでぬっているだけじゃないかと思います。
そして大きさも卵焼きでごまかしていますが、小さめの鰻です。

タイの良いところは日本食が日本と同等もしくは安く(ナンチャッテ日本食の場合も有)
食べられる点もあげられると思うのですが、私的にはこの内容ならバンコクでの適正価格は
350B以下じゃないかなぁ、と思います。
実際にはこれで580Bで、10%のサービス料が別途かかります。
在住の人たちはどう思うのでしょうね。


と言うかタイに行ってどうしていきなり日本食レポートなの?と思っちゃった方は
参考になったと思ったらランキングをポチっと

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック


SEO対策 : タイ SEO対策 : バンコク SEO対策 : タイ語 SEO対策 : マッサージ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。